明るいグレイカラー(白髪染)と暗いグレイカラーのメリットとデメリット(明るいカラーとまとめ編)

こんにちはヘアヒーリストの拓己です

前回の暗いグレイカラー編の続きになります

暗いグレイカラー編

明るいグレイカラーのメリットとデメリット

9トーン以上のカラーを明るいカラーと
呼ぶ事にします
基本は暗いカラーの逆になります

デメリット

色素が明るいまたは薄いので
白髪が染まりにくい
色味がある場合は色落ちも
暗いカラーに比べて早いです
先ほどの白髪がうくいう現象になりやすいです
黒髮は明るくするので薬が
暗いカラーと比べるとつよい

メリット

白髪が多い方はですと伸びて来ても
馴染みやすい(目立ちにくい)
明るい色から暗くはかなり自由に
可能である事です
赤などの色味がわかりやすい

因みに黒髮がまだ多い方は明るい髪に染めると
伸びて来た時の差が出やすいです(目立ちます)

白髪がういてしまうことについては
徐々に薬も進化し明るくても白毛が染まるようには
なって来ましたが髪質によっては染まらなかっと
ということもあると思います
そうゆう場合は少し暗く設定するか
ローライトを入れるなどがあります
詳しくはまた今度

まとめ

暗いグレイカラー

メリット

白髪までしっかり染まる
比べると薬が優しい
色落ちもがあまりない
伸びて来た黒髮と差が出ない

デメリット

伸びて来た白髪との差が出る
簡単に明るくできない
色味の差がわかりにくい

明るいグレイカラー

メリット

伸びて来た白髪と馴染む
暗くすることは可能
色味がわかりやすい

デメリット

白髪が染まりにくい
薬が比べると強い
伸びて来た黒髮と差が出る
色落ちがしやすい

ちょっとした参考にしてください

ご予約

LINE@からお願いします 友だち追加

SNS

ブログの更新情報などを載せてます

フォローお願いします

twitter_logo_white_on_blue fb-f-logo__blue_50

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。