オーガニック認証の為に

中野坂上の美容室
Embellir by clesc’(アンベリール)の

佐藤拓己です(≧∇≦)

 

だいぶ寒くなりましたね。
冬真っ只中❗️

皆様のところは、今、雪は降っておりますか?

中野坂上は降っておりません。

さて、この前、

オーガニック認証についてお話したので、

今日はオーガニック認証の基準について

お話していこうと思います!

細かい話なのですが、

最後まで見てくれたら幸いです(≧∇≦)

まず、オーガニックに求めるものといえば

「安心」「安全」ですよね?

その為、シャンプーに入ってるもので
気になる成分は?

●洗浄成分●

 

●シリコーン ポリマー●

 

●合成香料●

 

●保存剤(防腐剤)●
の有無や、種類です

一つずついきますね( ´ ▽ ` )ノ

洗浄成分で『高級アルコール系』と

言われる物があります

ラウリル酢酸Na(ナトリウム)

ラウレス酢酸Na(ナトリウム)

 

という風にシャンプーの裏側とかに

書かれています!

ラウリル酢酸Na(ナトリウム)、
ラウレス酢酸Na(ナトリウム)は
とても洗浄力は高く泡立ちも良いのですが、
その分刺激が強く、

安全性が低い物になってしまいます!

代表的なこれらを含め、
石油由来活性剤は認証商品には

使う事ができません‼️

また、話題のシリコーンや、ポリマー
シャンプーの時にきしみをなくしたり、
サラサラ感をだす役割をもっていますが、
これらも化学的な合成物なので

認証商品には使う事ができません‼️

次は香料ですが、
やはり合成香料より、
天然アロマ(エッセンシャルオイル)の方が、

安心、安全です(≧∇≦)

さらに、天然アロマほうが、植物本来の効能、効果がついてきます(*^o^*)

こっちの方がいいですねー

保存剤では、パラベンというのが有名ですが
たまに肌トラブルを起こす事があります。。

なので認証商品には使えません‼️

食品添加物として認められている
安息香酸ソルビン酸
ベンジルアルコールなど、

植物由来の物を使います^_^

などなど、認証には厳しい制限があります‼️

あれもダメ、これもダメと言うお話に
なってしまいましたが、
ここまで見ていただいて
ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
容器や製造の過程にも
制限があるので

次回お話出来たらと思っています

 

ご予約

LINE@からお願いします 友だち追加

SNS

ブログの更新情報などを載せてます

フォローお願いします

twitter_logo_white_on_blue fb-f-logo__blue_50

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。