シリコンシャンプーって何が良くないの?シリコンの良いとこ、悪いとこ。

こんにちはヘアヒーリストの拓己です

今ノンシリコンシャンプーが
流行っていますね
シリコンシャンプーを
使うのを避ける方も結構多いと思います
今回はそのシリコンのお話です

シリコンとは?

シリコン(シリコーンともいう)は
ケイ素(Si)を元に作られた化合物です
いきなりケイ素と言われもケイ素って何?
ってなりますよね
ケイ素とは酸素に次いで地球上で2番目多い物質
土や岩などに含まれる鉱物(ミネラル)の一つ
本来このケイ素のことを別名で『シリコン』
これの化合物を『シリコーン』といいます
ガラスなどがケイ素で出来ているものですね

ヘアケアとしてのシリコンの効果

シャンプーやトリートメントに
含まれているシリコンは
髪の毛同士の摩擦を抑える
潤滑剤としての働きや
髪の毛のキューティクル(表面)を保護したり
ドライヤーの熱ダメージから
守ってくれたりします
比較的安価な成分でかつ
髪の毛の保護成分としては
高いパフォーマンスをしてくれます

なぜシリコンがダメなのか?

少し昔にシリコンが髪の毛に
溜まり過ぎてしまってベタついたり
カラーやパーマの時に
過剰のコーティングにより邪魔せれ
うまくいかないことがありました
それはシリコンにも色々な種類があります
物によっては上の様なことが起きてしまう
シリコンもあります
ですが今のシャンプーは大体が
過剰についてしまうシリコンは
使っていないと思います
心配であれば裏の成分表示で
『〇〇メチコン』と表記されているものが
シリコンなのですが
中でも安心なのが『ジメチコン』です
『ジメチコン』と書かれているだけのものであれば
過剰にコーティングされしまうことはないと思います
代わりにノンシリコンシャンプーは
シリコンの代わりに髪の毛摩擦を軽減や
保護のために他の潤滑剤となる物を
多く入れなくてはならない為
少し高価な物になってしまいます
シリコンは髪の毛にとっては
悪いとは言いきれない物ですね

またシリコンは頭皮などの
皮膚の毛穴を塞いでしまう
という事も言われています
シリコンのコーティングは
細かな網目状になっている為
毛穴をふさぐことはないという意見も
ありますが実際の所はどちらとも
言えないのが現状です
シリコンの入ったシャンプーを
使っていて肌のトラブルがある場合は
ノンシリコンシャンプーというに変えることで
解決するということもあります
因みに頭皮や毛穴をに栄養を与える
育毛系のシャンプーはノンシリコンが多い様です
栄養の吸収を少しでも妨げない様に
配慮をしている様ですね

まとめ

シリコンは髪の質感向上に関してはとても
良いパフォーマンスしてくれています
ただ肌の弱い方や
肌や頭皮にトラブルを抱えている方
はノンシリコンシャンプーの方が
良いかもしれません
これらを参考に何を重視するかを
考え使うものを選んでいただければ幸いです

こちらもぜひ参考にしてください

シャンプーは何で選べばいい?

ご予約

LINE@からお願いします 友だち追加

SNS

ブログの更新情報などを載せてます

フォローお願いします

twitter_logo_white_on_blue fb-f-logo__blue_50

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。