ケラチンってなんだ?

ケラチンってなんだ?
トリートメントや育毛などに
ヘアケア商品でよく『ケラチン』配合って
ありますが
ケラチンってなんでしょう?
簡単に
ケラチンとはタンパク質の一つの種類です

ではタンパク質とはなんでしょう?

タンパク質とはアミノ酸が100個以上集まった物を言います

因みに2〜99個集まると
PPT(ポリペプチド)となります
こちらもトリートメントなどで
よく聞くかと思います

話はもどって
人の身体を構成するアミノ酸は
たったの20種類なのです
しかし組み合わせ次第で約10万種類のタンパク質が出来上がります
その中の一つがケラチンタンパク質です

ケラチンタンパク質は身体を構成する
20種類のアミノ酸のうち
18種類のからできています
なかでもシスチンというアミノ酸を多く含み
硬くてもろい性質があります

このケラチンタンパク質
毛髪の70%を占める成分です

髪の毛は

  • タンパク質が約80〜85%
  • メラニン色素が4.5%
  • 水分が11〜13%
  • 脂質が1〜6%
    となっており

タンパク質の役80〜90%を
ケラチンタンパク質が占めております

髪の毛はほぼ
ケラチンタンパク質からできていると
言っても過言ではないくらいです

そのケラチンは
硬くてもろい性質があると
先程も言いました
という事は
カラーやパーマで
ダメージを受けやすいので
補ってあげなければなりません

それだけケラチンが髪の毛には
なくてはならない成分
という事が分かっていただけた
かと思います

トリートメントなど
商品を選ぶときに
参考にしてみてください

毛髪豆知識カテゴリの最新記事