オイルそれともクリーム?迷うアウトバストリートメントの選び方

トリートメントについて

アウトバストリートメントその名前の通り
お風呂の外で使うトリートメント
(洗い流さないトリートメント)です

洗い流すトリートメントとは違い
次のシャンプーまでずっとついてるので
髪の補修力も期待できる
是非取り入れたいアイテムです

今のアウトバストリートメントは
オイル状の物や
クリーム、ミルク、ミスト状など
様々タイプがあります

一目見ただけですと何を
使ったらいいのだろうかと悩みますね
友人などに「これいいよ」と
教えてもらった物も自分には合わないことも
それは髪質が違うからかもしれません

アウトバストリートメントは
髪質やお悩みによって使う物を
変えた方がいい場合があります

アウトバストリートメントの形状
オイルやクリームなどには
それぞれ特徴があるので

それにより適した髪質や悩みに
合ったもの選ぶ基準に
していただけたらと思います

〔オイル〕

癖毛の髪に
ボリュームをダウンする効果
髪に艶を与えるのに優れている
熱から髪を守る役割も

使い方
髪が濡れたタオルドライの状態の時に
毛先中心につけその後にドライ
根元や乾いている時につけたり
つけすぎたりすると
ベタベタ感が出てしまうので注意

〔クリーム〕

ダメージが気になりパサパサな
水分が足りない髪に
保湿に優れている
オイルより重たくならず
ベタベタにもなりにくいです

使い方
クリームもタオルドライぐらいの
濡れた髪につけてドライ
オイルよりはベタつきにくいですが
つけすぎや根元につけるのは注意です
巻いた後のスタイリング剤としても使える

〔ミルク〕

クリームよりさらにベタつかず
さらっと軽めの仕上がり
柔らかい髪や毛量少なめな方にオススメ
クリーム同様で保湿力に優れる

使い方
こちらもタオルドライぐらいの
濡れた髪につける
根元用につけても大丈夫ないやつも
ありますが基本は根元にはつけない
クリーム同様巻いた後の
スタイリング剤としても使える

〔ミスト〕

水に溶けているので髪への浸透力が高い
ベタつきや質感が重くなる可能性は
低いのでボリュームダウンしたくない人に
オススメ

使い方
濡れている状態でも
乾いた状況でも使える
寝癖直しとしても使えるのが良い

アウトバストリートメントの合わせ技!!

特にダメージが気になる方は
ミストとオイルの組み合わせや
ミルクとオイルの組み合わせなど
ミストやミルクタイプをつけてから
オイルの重ねづけもありです

ミルクなどの内部補修効果の
高いものをつけた後に
髪の保護効果の高いオイルを重ね付け

膨らみやすい髪には
ミストタイプで水分補充してから
オイルの重ね付けをして蓋をする

というように
アフトバストリートメントの
重ね付けで集中ケアをするのも
ありですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました