市販のシャンプーと美容室専売品のシャンプーの大きな違い『界面活性剤』

市販のシャンプーと美容室専売品のシャンプーの大きな違い『界面活性剤』

市販のシャンプーと
美容室専売品のシャンプー
けっこう値段が違うと思います

なぜ値段にこなんにも差が出るのか?

その要因の一つが
界面活性剤の違いがあります

界面活性剤とは
シャンプーの洗浄成分であり
シャンプーの主の成分なのです
配合成分の中で大抵の商品で
水の次に多いのが界面活性剤です

シャンプーはこの界面活性剤に
トリートメント成分や独自の成分などを
混ぜて出来ています


界面活性剤の種類は
高級アルコール系
アミノ酸系
『石鹸系』
など『〇〇系』と大分され

その〇〇系のなかにそれぞれ
『ラウリル硫酸Na』
『ココイルグルタミン酸』
など多数の界面活性剤の種類が
存在します


そのかなでも安価な
高級アルコール系
(石油系・硫酸系ともいわれる)
などの物が主に市販の製品に
使われてることが多く

美容室専売品には少し高価ですが
アミノ酸系
『石鹸系』
などが使われてる事が多いです

市販品に使われる事が多い
高級アルコール系』には
ラウリル硫酸Na
ラウレス硫酸Na
などがあり

安価ではあるが洗浄成分が強く
髪の毛や頭皮に
負担をかけてしまう場合もある
界面活性剤です

対して
美容室専売品に使われる事が多い
アミノ酸系』には
ココイルグルタミン酸Na
ラウロイルメチルアラニンNa
などがあり

高価ではあるが
洗浄成分が優しくでも
しっかり汚れは落としてくれる
という界面活性剤です


シャンプーの主成分である
界面活性剤の違いで
髪の毛への影響の違いがある
という事を覚えておいて欲しい

シャンプー値段に違いでるのも
界面活性剤にもこだわりをもって
作っているからである

もちろん界面活性剤以外の
トリートメント成分などでも
商品の性能や値段に違いは出るので
一概には言えないのですが

割とトリートメント成分や
シリコンなどに注目しがちだが
シャンプーの主成分である
界面活性剤にも注目して見て
商品を選んで欲しいとおもう


界面活性剤まとめ

洗浄力強めで安価
髪や頭皮に負担の可能性ありの
『高級アルコール系』には
・ラウリル硫酸Na
・ラウレス硫酸Na

髪や頭皮を優しく洗い上げる
値段は少し高めの
『アミノ酸系』には

・ココイルグルタミン酸Na
・ラウロイルグルタミン酸Na

・ラウロイルメチルアラニンNa
・ココイルメチルアラニンNa

・ラウロイルサルコシンNa
・ココイルサルコシンNa
・ココイルグリシンNa

など
商品の裏などにある
成分表記に書かれているので
チェックしてみてください

シャンプーについてカテゴリの最新記事