暗めのグレイカラーもハイライトで明るく

暗めのグレイカラーもハイライトで明るく
こんにちはヘアヒーリストの拓己です

明るくグレイカラー(白髪染め)をしたい
でも明るく染めると白髪が浮いてしまうから
しょうがないから暗くしている
そんなお悩みをお持ちの方

『ハイライト』入れてみませんか?

ハイライトとは

いわゆるメッシュのことです
髪全体のトーンが暗い中に
スジで明るめのカラーを入れていきます
メッシュといっても
すごい派手になる訳ではありません
そこは使うカラー剤の明るさと
スジの入れ方でコントロールしていきます

ベースしっかり白髪を染めて
ハイライトで明るさを出していくわけです

低ダメージで明るくできる

これはできるだけダメージレスで
明るくしたい時にも
使えるやり方です
髪全部に薬を付ける訳ではないので
髪全体にかかる負担も少なくなります

毎回やらなくてもいいしお手軽

毎回ハイライトいれなくても大丈夫です
根元のカラーの周期根元のカラー2〜3回に一度ハイライトを入れれば
明るさキープできます
根元のカラーと同時にやっていきますので
施術時間も根元のカラーだけの時と
ほぼ変わらずにできます
【ハイライトを入れる量によりますが塗る時間プラス5分ほど】

立体感もプラス

そして暗めのベースの色と
明るいハイライトの色の
コントラストで立体感がうまれます
カラーの明暗で立体的に見える訳です
一色でペタッと見えてしまうと
お悩みの方にもオススメです

余談

ハイライトを入れる時は
白髪の多い部分は
避けて入れていきます
もともと白髪のところは
明るくなり過ぎてしまいますから
それはこちらでコントロールしていきます

逆に明るいカラーベースの暗めのメッシュ
【ローライト】という方法もあります

明るめグレイカラーをローライトでカバー

ハイライトとローライト両方入れても
良いですね

表面だけに少しだけハイライト入れるだけの
お手軽な感じにもできます
表面に入れるだけでも雰囲気変わりますよ

気になりましたら
ぜひお試しください。

グレイカラーについてカテゴリの最新記事