スポンサーリンク

髪の毛は死んでる細胞って知ってますか?

知っている方も多いとは思いますが
改めて書いてみます


髪の毛は死んでいる!

生きている細胞
例えば怪我をした時に皮膚などは
ある程度であれば綺麗に治ります
それは細胞が生きていて
再生能力があるからですね

しかし髪の毛は角化した細胞
「角化細胞」といって
生きてはいない細胞なんです

なので髪の毛自体には再生能力はないのです


髪の毛が生き返っているわけではない

ブリーチして少し日数が経つと
ダメージが落ち着く気がする
というような事を
感じたことがあるかもしれません

それは頭皮の皮脂線から出ている油分が
根元から徐々に毛先の方に伝っていき
表面を保護してくれているから
という事が一つあげられます

もちろん日々使われている
トリートメントの効果もあります

しかしそれは
髪自体の再生することが出来ていません

サロンのシステムトリートメントでも
内部の構造を擬似的に補給しているので
根本的には上と同じです

ですが

もちろんトリートメントが
意味ないと言っているわけでは
ありません!
むしろ逆です!
とても重要なんです!


トリートメントの役目

トリートメントの効果
としてあげられるのが
髪の毛の質感やつやの改善
カラー、パーマの持ちを
良くしたりと効果は
さまざまありますが

その他に
摩擦の軽減などで
今後のダメージを減らしたり
などの効果もあります
今回重要なのはこちらです

質感やもちの向上も重要ですが
今回はこれから受けるダメージを
減らす事を主に考えていきます

再生しない髪を出来るだけ
傷ませない為にも
トリートメントはとても有効的です

カラーやパーマなど薬剤を
つかった施術の時にも
重要なのは直前にやるトリートメント
(前処理のトリートメント)です

薬剤の適切な選定や分量は
もちろん大事ですが
前処理のトリートメントでも
後のダメージ具合が大きく変わってきます

なぜ
そんなに前処理のトリートメントが
大切なのかを簡単に説明させてもらいます


前処理の大切さ

本来健康な髪を染めたりする時は
薬剤が髪の毛の中の整った道を通り
作用すべき所にたどり着くのですが

その道がダメージしていてボコボコだと
薬剤が引っかかったりなど迷子になり
意味のない所で力を発揮し
さらなるダメージを与えることに
なってしまいます

そうならないよう
先に薬剤が通る道を整えるという感じで
前処理のトリートメントを
してあげることによって
より効率の良い施術が出来るのです

さらにカラーやパーマの仕上がりも
向上するので一石二鳥ですね♪


後処理もとても重要!

前処理の大切さはなんとなくでも
わかっていただけたでしょうか?

前処理と同時に後処理も
とても大事なので
お話ししておこうと思います

後処理とはカラーやパーマなどの
薬剤を使った施術の後
にする処理のことですね

役目が終わった薬剤が
そのまま髪の毛の中にあると
またこれも必要のないダメージを
髪の毛に与えることになってしまいます

それを強制的に追い出す
又は中和することによって
無駄なダメージを抑えていきます

薬剤をそのままにしておくと
その後自然に出て行くまでの時間
ダメージし続けると思うと
恐ろしいですよね


髪の毛を綺麗したいと思った時
まずは髪の毛出来るだけ傷ませない
事が一番の近道だと思います
参考にしてみてください!

因みに美容室ではこうなっている

美容室では
前処理や後処理を必然的に
カラーなどのメニューに
入っている場合もありますが
プラスメニューになっている
場合もあります

特別な前処理や後処理があり別メニューで
用意されている場合もありますので
美容師さんに聞いてみてください

ご予約

LINE@からお願いします 友だち追加

SNS

ブログの更新情報などを載せてます

フォローお願いします

twitter_logo_white_on_blue fb-f-logo__blue_50

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。