ヘアカラーで明るくなりづらいのって!?

ヘアカラーで明るくなりづらいのって!?
新宿と町田でフリーランスの美容師やっております、ヘアヒーリストの佐藤拓己です
ヘアカラーで明るくなりづらい時ありませんか?

もともと髪質の個人差がありますが
今回はそれ以外の理由

これまでの施術によって明るくなりづらくなってしまうってことについてです

では、
何をすると明るくなりづらくなってしまうのでしょうか?

それは大きく分けて2つ

  • 黒染めなどのロートーンカラー
  • 縮毛矯正

です!

黒染めすると明るくなりづらくなる!

就活のためなどのために黒染め、または白髪染めなどしますよね

黒染めや白髪染めなどカラー剤はしっかり染めるために色素が強くなっています
トーンが低い設定のカラー剤ほどその色素は強くなります

そのしっかり髪の毛に染まってしまった色素は、元々の髪の毛色味を出しているメラニン色素という成分より明るくなりづらい物なのです

見た目の色は同じぐらいの明るさ髪でも使う薬剤を変えないと狙った明るさにはならないのです

 ※黒染めまで暗いカラーでなくてもトーンダウンしたは場合は明るくなりづらくなることがあります 

縮毛矯正すると明るくなりづらい?

縮毛矯正は薬剤や施術の仕方によっても変わって来ます

薬剤によって髪の表面をコーティングしてしまってカラー剤の邪魔になり明るくなりづらくなったり

縮毛矯正はヘアアイロンを結構しっかりかけていきますのでそれによりタンパク変性という変化が髪に起きてしまって明るくなりづらくなってしまう場合などがあります

逆にカラーすると色味が入りすぎしまう状態になっている事も

 ※縮毛矯正ではなくてもストレートパーマやそれに順ずるトリートメントなどでもこのような現象になっている場合があります 

これも黒染めなどの時と同じで使う薬剤を変えなくては狙った明るさにはできません

どれくらい前にその施術をしたのか?

黒染めや縮毛矯正をやってから何ヶ月ぐらい経ったのか大体でもいいので覚えていた方が良いです

それは髪はのびるからです!

新しく生えてきた髪は黒染めや縮毛矯正の施術の影響は受けていません
なので、またそこも薬を変えていかなくては均一な染め具合にはならないのです

これらの事を担当する美容師さんに伝えていだだけるとスムーズかつより良いクオリティの施術につながります

これらを知ってるのと知らないままで施術するのではかなり違います
結構重要!

なので美容師さんもそうゆう施術履歴があるかどうか聞くとおもいますが
頭の片隅にでも
ちょっと覚えておくと良いと思います


美容カテゴリの最新記事