オーガニック系とオーガニック認証

こんにちはヘアヒーリストの佐藤拓己です

先日オーガニックについて紹介しましたが

今日はオーガニック認証について

お話ししようと思います

ちょっと退屈なお話しになるかもしれませが
オーガニックに興味のある方
そうでない方も

最後までみていただければ幸いです

まずオーガニック系の化粧品は

3つに分けられます

⑴植物生物配合商品

⑵オーガニック成分配合商品

⑶オーガニック認証商品

に分類できます

⑴植物成分配合商品、

植物成分を少しでも配合していれば良い

その他の明確な基準は定められていません

ようは少しでも植物成分が入っていれば

誰でも勝手に名乗ることができます

⑵オーガニック成分配合は

オーガニック認定成分を

一部でも配合ていれば名乗ることができます

石油由来の化学成分は極力排除していますが

明確な基準があるわけではなく

製造元により基準は様々です

⑶オーガニック認証商品

これは第三者のオーガニック認証機関の

オーガニック認証を取得している商品です

そのオーガニック認証機関によって

基準は様々ですが

厳格な基準が定められています

⑵と⑶は中に入ってる
原料が認証を取得しているのか
その商品自体が認証を取得しているのかの
違いがあります

ヴィラロドラはもちろん⑶にはいります!

全商品がオーガニック認証を取得しています‼️

オーガニック認証機関は基準が厳しい

イタリアのイチェアの認証を取得してます
blog_import_57abe9af162eb
容器などにも基準があるんですよ
次回はどんな基準があるのか
お話ししていこうと思います
ぜひ見てください

ご予約

LINE@からお願いします 友だち追加

SNS

ブログの更新情報などを載せてます

フォローお願いします

twitter_logo_white_on_blue fb-f-logo__blue_50

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。